障がいのあるお子さん

障がいのあるお子さん

相談しませんか

高島市障がい福祉課 TEL:0740-25-8516
高島市障がい者相談支援センター「コンパス」 TEL:0740-22-5553

高島市児童発達支援センター「エール」

障がいの種別や診断の有無に関わらず、発達に関する様々な心配を抱える0~おおむね18歳の子どもやその家族に対して、個々の状況に応じて自立や社会参加のための相談や支援を行うことにより、子どもの成長を応援する施設です。

カンガルー教室(児童発達支援)
未就学児を対象に、心身の発達に合わせたあそびや関わりを通して、お子さんの育ちとご家族を支えます。

ことばの教室
主に年長児を対象に、ことばの発音や聞こえ、コミュニケーションに関する指導を行います。教室の場所は、安曇小学校、新旭南小学校、今津東小学校の3か所です。ご希望の場合は、通っている園を通じてお申し込みください。

その他、お子さんの成長を支えるために様々な専門職(臨床心理士や作業療法士、保健師、保育士、社会福祉士など)が相談に応じ、情報提供や、関係機関と連携し状況に合わせて専門相談や教室等の利用に向けたお手伝いをします。
http://www.city.takashima.lg.jp/www/contents/1594369452599/index.html
高島市健康推進課 TEL:0740-25-8078

手帳の交付

(身体障害者手帳)
身体に一定度以上の永続する障がい「視覚、聴覚・平衡機能、音声機能・言語機能、そしゃく機能、肢体不自由、心臓、じん臓、呼吸器機能、ぼうこう・直腸機能、小腸機能、免疫機能、肝臓機能」がある場合に申請できます。交付を受けることにより、障害福祉サービスや、障害名や等級・所得によって補装具や日常生活用具の給付、税の減免、JR旅客運賃やバス運賃の割引など各種助成制度を利用することができます。

(療育手帳)
知的障がいがある場合に申請ができます。(申請書の提出後に、18歳未満の方は子ども家庭相談センターで、18歳以上の方は障害者更生相談所で、判定を受けていただきます。)交付を受けることにより、障害福祉サービスや、障害程度・所得によって日常生活用具の給付、税の減免、JR旅客運賃やバス運賃の割引など各種助成制度を利用することができます。

(精神障害者保健福祉手帳)
精神障がいのために、長期にわたる日常生活または社会生活への制約がある場合に申請ができます。交付を受けることにより、障害福祉サービスや、等級・所得によって各種助成制度を利用することができます。
高島市障がい福祉課 TEL:0740-25-8516

対象となるサービス

  • 居宅介護(ホームヘルプサービス)
    在宅で介護や家事などの日常生活の援助が受けられます。

  • 短期入所(ショートステイ)
    児童福祉施設などに短期間入所して必要な支援が受けられます。

  • 地域生活支援事業(余暇支援、移動支援、その他)

高島市障がい福祉課 TEL:0740-25-8516

放課後等ディサービス

放課後または学校の休業日に、生活能力向上のために必要な訓練、社会との交流の促進、その他の必要な支援を行います。

地域 名称 所在地 連絡先 運営主体
今津 第一アップル 今津町住吉一丁目3-5 0740-22-5820 NPO法人ワーカーズコープ
新旭 放課後等ディサービスみんなのね 新旭町太田1255-5 0740-25-3000 合同会社エイブイアール
安曇川 第2アップル 安曇川町中央二丁目2-1 0740-28-7111 NPO法人ワーカーズコープ
高島 発達支援ルームみんなの木 鴨1413 0740-36-1500 合同会社エイブイアール

歩歩ファイル

~ 一人ひとりに応じた「継続した支援」のために ~

一人ひとりのライフステージに応じ、継続した支援を行うため、また本人の自立に役立てるために、「手をとりあう たかしま 歩歩(ぽぽ)ファイル」があります。このファイルを相談支援の充実や切れ目のない一貫した支援のためにご活用ください。
次のところで受け取ることができます。(無料)
健康推進課、市内各支所、高島市障がい福祉課、高島市障がい者相談支援センター「コンパス」、高島市児童発達支援センター「エール」、新旭養護学校
ダウンロードはこちらから