国民年金第1号被保険者の方は、出産予定日または出産日の属する月の前月から4か月間(多胎妊娠の場合は3か月前から6か月間)、届け出により、国民年金保険料が免除されます。免除期間は、保険料納付済み期間として老齢基礎年金の受給額の計算などに反映されます。
お問い合わせ:保険年金課☎25-8137

産前産後免除リーフレット

婚活経験者5人の男女に、つつみ隠さず語っていただきました!
私の場合は・・・
僕の場合は・・・
婚活をしようと思ったきっかけ、
どんな活動をしたのか、
今の配偶者と初めて会った時のこと、
など・・・
大いにぶっちゃけていただきました!

下記の結びと育ちの応援団HPにて
読んでいただけます。
http://musubisodachi.jp/deai/pdf/takashima_talk.pdf
リーフレットも作成しましたので、
ご要望の方は、お申し出ください。

恒例、子ども用品交換会「くるくる市」を開催します
ご家庭で使わなくなった子ども用品を持ち寄って交換しましょう
食品・ぬいぐるみは持ち込めませんのでご注意ください
余った提供品は、お持ち帰りいただきます

日時:3月21日(木曜日・祝)
   提供品のある方・・・13:30~
   提供品のない方(どなたでも)・・・14:00~ 入場していただけます
   余った提供品の回収・・・~15:30

会場:高島公民館(アイリッシュパーク)小ホール
   高島市勝野670

お問い合わせ:たかしま結びと育ちの応援団 33-7758
       高島市ファミリーサポートセンター 33-7805

ちらし⇒くるくる市

『共に育つ子育て それは未来の街づくり』

将来の街づくりのために、保護者の方にどんな援助・声掛けが必要なのか?
グループワークも混ぜて、家庭に温かくよりそえる高島市を一緒に考えていきましょう。

講師:中井 清津子さん 相愛大学教授
対象:子育て・子どもに関心のある方  子育て支援者

日時:2019年3月23日(土曜日)
   午前9時30分~11時
場所:新旭公民館 視聴覚室
受講料:無料 定員30名

お申込み・お問合せ
 高島市教育委員会事務局  社会教育課 TEL 0740-32-4457
                    FAX 0740-32-1135
               メール syakyo@city.takashima.lg.jp
申し込み締め切り 3月22日(金曜日)

「それでも生きていく子どもたちへ」
~身近な私たちだからこそできること~
つながり応援センターよろず 子どもの居場所づくり応援研修会からのお知らせです

≪講演≫
 「子どもと共に生きる地域をめざして」
  講 師:野 尻 紀 恵 氏 (日本福祉大学社会福祉学部准教授)
≪日時≫
 平成31年3月2日(土曜日) 13:00~16:00
≪会場≫
 安曇川公民館カルチャールーム(安曇川町田中89番地)
≪対象≫ 
 子ども・子育てに関心のある方
 子ども・子育てに関する活動に興味・関心のある方どなたでも
≪申込み≫
 参加費は無料
 事前にお申し込みをお願いします
 参加のお申し込みは2月28日まで受け付けております
≪お問合せ≫
 高島市社会福祉協議会内つながり応援センターよろず
  電話:36-8255 ファックス:36-8221
子どもの居場所応援研修会チラシ(完成版)

滋賀県ひとり親家庭総合サポートセンターからのお知らせです。

ひとり親家庭の方々(離婚をお考え中の方を含む)からのご相談に対して、アドバイス・サポートをされている機関です。
滋賀県からの委託を受け、「社会福祉法人 滋賀県母子福祉のぞみ会」が、昨年10月1日に開設し運営しています。

ホームページはこちらです。
http://nozomi-kai.com/publics/index/83/

また、『ひとり親家庭♡交流カフェ』が不定期で開催されており、
3回目のカフェが以下の通り行われます。

3月16日(土)13時30分~
大津市にて
前半は「アンガーマネジメントのススメ」
後半は「交流会」

詳細につきましては、こちらをご覧下さい。
http://nozomi-kai.com/publics/index/86/

関心のある方はお問合せ下さい。

「おもちゃドクター」として活動しませんか?
2017年にマキノで臨時おもちゃ病院が開設されたとき、継続しておもちゃ病院が開設されることを願う人たちがいました。
高島市内には、未だおもちゃドクターがいません。子どもだけでなく長年大切にしてきたおもちゃの治療を願う大人もいます。
壊れたおもちゃを治すボランティアとして活動を始めてみませんか?

1回目  平成31年3月1日(金)10:00~12:00
    講演:おもちゃ病院・おもちゃドクターって?
    「おもちゃ病院とドクターの役割」   三田村 治さん
    「マキノおもちゃ病院に関わって」   木下 豊子さん

2回目  平成31年3月6日(水)13:30~15:30
    講師:大津おもちゃドクター 三田村 治さん
     実技:おもちゃを治してみます

3回目  平成31年3月14日(木)10:00~15:30
     *お昼休憩あり。昼食は各自でご用意ください
     講師:大津おもちゃドクター 三田村 治さん
     実技:おもちゃを治してみます

場 所:新旭総合福祉センターやすらぎ荘
対 象:高島市に在住・在勤・在校の方でこれからおもちゃドクターとして活動してみたい方、おもちゃ修理や
    ボランティア活動に興味のある方
     *おもちゃ修理のご経験のない方でも大丈夫です
定 員:20名程度
参加費:無料
詳しくは、ちらしをご覧ください

おもちゃDr.養成講座チラシ

~高齢者・障がい者・子ども・女性などの視点から~

 熊本地震や西日本豪雨などの事例から、避難遅れや避難生活における健康状態の悪化等、大震災の実態を高齢者・障がい者・子ども・女性の観点から紹介します。

日 時  平成31年2月17日(日) 13:30~15:30
会 場  安曇川公民館ふじのきホール
講 師  池田恵子氏
対 象  地域防災・減災に興味関心のある方
定 員  200人
災害を生きのびる!チラシ