「おもちゃドクター」として活動しませんか?
2017年にマキノで臨時おもちゃ病院が開設されたとき、継続しておもちゃ病院が開設されることを願う人たちがいました。
高島市内には、未だおもちゃドクターがいません。子どもだけでなく長年大切にしてきたおもちゃの治療を願う大人もいます。
壊れたおもちゃを治すボランティアとして活動を始めてみませんか?

1回目  平成31年3月1日(金)10:00~12:00
    講演:おもちゃ病院・おもちゃドクターって?
    「おもちゃ病院とドクターの役割」   三田村 治さん
    「マキノおもちゃ病院に関わって」   木下 豊子さん

2回目  平成31年3月6日(水)13:30~15:30
    講師:大津おもちゃドクター 三田村 治さん
     実技:おもちゃを治してみます

3回目  平成31年3月14日(木)10:00~15:30
     *お昼休憩あり。昼食は各自でご用意ください
     講師:大津おもちゃドクター 三田村 治さん
     実技:おもちゃを治してみます

場 所:新旭総合福祉センターやすらぎ荘
対 象:高島市に在住・在勤・在校の方でこれからおもちゃドクターとして活動してみたい方、おもちゃ修理や
    ボランティア活動に興味のある方
     *おもちゃ修理のご経験のない方でも大丈夫です
定 員:20名程度
参加費:無料
詳しくは、ちらしをご覧ください

おもちゃDr.養成講座チラシ

~高齢者・障がい者・子ども・女性などの視点から~

 熊本地震や西日本豪雨などの事例から、避難遅れや避難生活における健康状態の悪化等、大震災の実態を高齢者・障がい者・子ども・女性の観点から紹介します。

日 時  平成31年2月17日(日) 13:30~15:30
会 場  安曇川公民館ふじのきホール
講 師  池田恵子氏
対 象  地域防災・減災に興味関心のある方
定 員  200人
災害を生きのびる!チラシ